第一生命ホール
ホールの歴史 施設概要 ご利用案内 座席表 コンサートスケジュール アクセスガイド

ホールの歴史 History - a tiny hall , new but old 「第一生命ホール」。その名前には半世紀前に遡る歴史の物語がある。
イメージ
集會室(旧・第一生命ホール)
1952年、皇居のお堀端に面した第一生命館の6階に「第一生命ホール」が産声を あげました。元来は、1938年に完成した第一生命館の社内の集曾室であり、GHQに接収されていた時代には、GHQの集会、礼拝、演劇なども行われていました。1951年夏、平和条約が調印され、第一生命館がGHQより返還されると、矢野一郎社長の決断で、集曾室は「第一生命ホール」として一般に貸し出されることになります。戦後、新聞社や放送、学校などの他には民間の貸しホールなどがなかった時代のことです。
イメージ
集會室(旧・第一生命ホール)
1952年、近衛秀麿指揮する近衛管弦楽団の第一回定期演奏会で幕を開け、1950年代前半には近衛管の定期演奏会やN響室内楽団等の室内鑑賞会をはじめとする公演が頻繁に行われ、「第一生命ホール」は瞬く間に日本を代表する室内楽演奏会場のメッカとなりました。1950年代後半には、邦人室内楽ホールとしての最盛期を迎えます。また、「第一生命ホール」から全国ラジオ放送された「音楽の星座」や「花椿アワー」は、クラシック音楽ファンの裾野を広げました。60年代、70年代に入るや、プロムジカQの邦人初のベートーヴェン弦楽四重奏全曲連続演奏会など、邦人演奏家の活動の場として広く指示されるばかりか、演劇・邦楽・落語など様々な公演にも利用されてきました。
イメージ
集會室(旧・第一生命ホール)
1989年、第一生命館の保存・改築に伴い、第一生命ホールもまた37年間に渡る活動を終えました。そして21世紀の幕開けとなる2001年。かつてのホールを出て晴海通りを海に向かって進んだ街、晴海に誕生した未来都市トリトンスクエアに、歴史ある「第一生命ホール」の名を冠する音響空間が再び生まれ、新たな歴史を刻みはじめたのです。

第一生命ホールに関する書籍です。
渡辺和著
「ホールに音が刻まれるとき−第一生命ホールの履歴書」
(ぎょうせい 2500円)
『第一生命ホールものがたり』予告編pdfは、
ここからダウンロードできます。

予告編pdf
これらのファイルを見るには、Acrobat Reader
が必要です。Acrobat Readerはアドビシステム
ズ社より、無償で配布されています。
Get Acrobat
| ホールの歴史 | 施設概要 | ご利用案内 | 座席表 | コンサートスケジュール | アクセスガイド |
copylight(c)2003 The DAI-ICHI SEIMEI HALL all rights reserved.